山陰ツアー2006の報告書です。
    今回は、9月20日の報告です!




□9月20日;

<走行記録>
天気;晴
距離;163km
最高時速;53.0km/h.
平均時速;20.9km/h.
ルート ;萩〜国道191〜県道283〜青海島〜県道283〜県道56〜国道191〜下関〜国道9〜国道2〜厚狭

<道路情報>

・ 鎖峠を筆頭に、国道191は小さな峠はいくつかある。
・ 青海島、アップダウン多し。
・ 国道2の談合峠へ抜けるバイパスには広い歩行者自転車道が整備されている。

<報告書>

朝起きたらムカデがテントの中にいて、焦った。
あの痛みは強烈である。
よく刺されなかったな〜〜(汗)
つまんで外へ出した。。。

日の出を萩で向かえ、
本格的に晴れてきたのは鎖峠を越えてから。
この峠は結構山の中。その分、緑の霧の中に光が差し込む風景を存分に楽しめた。
そして、下界は快晴!

さて、この日は、仙崎から青海島へ渡った。
この島は非常に美しいと聞き、行ってみたのだ。
島の風景もすばらしかった。
アップダウンもさることながら、海岸沿いの道も多くて、
島の中の集落をそぞろあるくと、蝉の声がこだましていた。
途中の駐車場に自転車を止めて、青海島の遊歩道を歩いた。
この遊歩道からの眺めも最高!
南側の穏やかな海と違って、日本海に直に接している北側は巨岩奇岩が連なる山脈のような風景。
それに向かって、エメラルド色の波がざっぱざっぱかかっていく。
松が青と蒼に映えて、実に美しい。

 


□青海島


青海島のあとは、峠を小さなこなしながら西へ進んだ。
眺めがすごく綺麗で、うっとりした。
特に長門ブルーラインと呼ばれる山口県の西の道はすばらしい。
車の量もほどほどで、しかもすぐ脇が海。
こんなに綺麗な海の色を見たのは久しぶり。
素直でどこまでも透明な水色だった。

下関について、この旅も終わり。
だけれど!
ちょっと力が余ったので、なんだかんだで厚狭まで走った。
厚狭駅で輪行していたら、おじさんに話しかけられる。


どこから来たの?

色々会って、東京出発で、北海道回ってきました。

へ〜、長いね。これから帰るの?

ええ、実家が広島なので…。

そうか、いい旅だった?

……。

ええ、とても。

いい旅だったと思う、2006年、この夏の旅。
もう、こんなにも長く、日本を旅することはないな、このときそう確信した。


□長門ブルーライン


  


前の日へ戻る


 
――ツアートップページに戻ります。






inserted by FC2 system